診療時間
休 診 日
年中無休
診療受付
午前 9:00~12:00
午後 17:00~20:00
予   約
ご予約無しでご来院いただけます。
※混雑時はお待ちいただくこともあります。
ご了承ください。
休 診 日
年中無休
対象動物
犬・猫・エキゾチックアニマル
(ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット)
※エキゾチックアニマルの診療については、
担当獣医師がいる曜日に限りますので、
事前にご連絡をお願い致します。
診察内容
問診、触診、聴診、視診、
血液検査、血液生化学検査、レントゲン検査、
超音波エコー検査、内視鏡検査、CT検査など
グループ病院
所在地
住   所
〒252-0303
神奈川県相模原市南区相模大野2-8-1
電  話
アクセス
【お車の場合】
国道16号『相模大野二丁目』交差点角
専用駐車場がございます。
◎八王子方面からお越しの際
『相模大野二丁目』交差点手前を左折
50mほど進んだ右手
◎東名方面からお越しの際は
『相模大野二丁目』交差点
2つ先の信号を右折し、
旧道を回り込んでください。
【電車の場合】
小田急小田原線『相模大野』駅
北口より徒歩約11分

駐 車 場
20台完備
病院下:5台
第1駐車場(病院隣):4台
第2駐車場:11台
アクセスマップ
エントランス
入ってすぐに外来用エレベーターがございます。受付は2Fです。
トリミング室
大型のドライヤーを完備しており、風を当てる時間が短いことで、動物への負担が少ないのが特徴です。
ペットホテルお預かり室
ペットホテル専用のお預かり室を完備しております。
待合コーナー
2Fの待合いスペースが混雑している際には、こちらもご利用いただけます。
総合受付
診察などの他、トリミングやペットホテルについても、まずはこちらにお越しください。
待合ラウンジ
広く明るい雰囲気のスペースになっています。

診察室(第1〜 第4)
閉塞感のない、明るい雰囲気の診察室です。

診察室(第5)
光が入らず、エコーの画像が見えやすい環境になっています。

レントゲン室
専用のレントゲン室を完備しています。

検査処置室
多くの検査機器や薬棚が並ぶ、病院の中心と言えるスペースです。

入院室(ネコちゃん用)
犬と分かれた静かな環境で、安心して入院いただけます。

入院室(ワンちゃん用)
パドックも備える、明るい雰囲気の入院室です。

手術室
滅菌体制が整った、大学病院並の広さのある手術室です。
先進の機器も揃い、高度な手術にも対応できます。

手術準備室
手術室と自動ドアにて行き来ができる準備室です。

CT検査室
16列0.5スライスと短時間で撮影が可能なため、動物の負担が少ないのが特徴です。

入院室 兼リハビリ室
ICUも備えた入院室です。手術室とも近く動物に負担がかかりません。

セミナー室
院内での症例検討や研修に活用するためのスペースです。

院長

大川 雄一郎

(おおかわ ゆういちろう)

得意とする科目:
・専門科目:整形外科、脊椎外科
・得意な科目:腎泌尿器外科、肝臓外科、腫瘍外科
整形外科資格:
麻布大学附属動物病院 整形外科研修医修了
DePuySynthes TPLO Seminar 修了
intrauma Corrective Osteotomy for Patellar Luxation Course修了
KYON Zurich Cementless THR Lab 修了
KYON Mini Total Hip Replacement Lab 修了

12年前より、当センターだけではなく複数の動物病院に出張し、外科手術を執刀しています。休日もほとんどないくらい毎日執刀し続けましたので、12年間の執刀件数は、整形・脊椎外科手術が2,211件、軟部外科手術1,681件、全ての外科手術の合計が3,892件になります。
当センターの全ての手術を私が執刀しているわけではありませんが、比較的難易度が高い手術は、全て私が執刀しています。指名しないと院長に手術してもらえないのでは、と言われることがあるのですが、そんなことはありません。担当獣医師が誰であっても、執刀は私が行なっていますので、安心してお任せください。
これからも、地域の獣医療発展のため、より高みを目指して、日々研鑽を積み重ねて参りたいと思います。
[経歴]
2004年
麻布大学獣医学部獣医学科卒
2004年〜2008年
都内動物病院勤務
2008年〜2009年
麻布大学附属動物病院 全科研修医修了
獣医高度技術研修事業 臨床研修修了
2009年〜2016年
さがみ総合どうぶつ医療センター 外科部長
(前 オガタ動物病院)
2009年〜2012年
麻布大学附属動物病院 整形外科チーフレジデント
2012年〜現在
首都圏内5か所の動物病院 整形外科・外科非常勤獣医師
https://www.nashinoki-vet.com/staff/
https://tomo-ah.jp/specialist.html
2014年〜現在
あいち犬猫医療センター 整形外科・外科非常勤獣医師
https://www.sugiuravet.com/about/veterinarians/
2016年~現在
さがみ総合どうぶつ医療センター 院長
2023年~
日本獣医がん学会 代議員
https://www.jvcs.jp/about/organization.html
副院長
森山 寛大
(もりやま ともはる)
得意とする科目:循環器科(心臓病)・呼吸器科
麻布大学を卒業
日本獣医生命科学大学
  内科・循環器科研究医として在籍
JASMINEどうぶつ循環器病センター
  嘱託獣医師として在籍中

動物を助ける仕事ですが、飼い主さんの不安を和らげる事も同じように大切であると考えています。
何より、飼い主さんの自主性を尊重し、決断のためのアドバイスを惜しまずサポートいたします。
心臓病の治療では、内科療法を中心に行っていますが、心臓手術についてもご相談下さい。
小坂 由紀
(こさか ゆき)
得意とする科目:エキゾチックアニマル
酪農学園大学を卒業
東京農工大学動物医療センター
 獣医研修医

離島出身の私は、都会でなくても高度な医療が受けられる世の中を志し獣医になりました。
そのため専門性の追求も目標ですが、常にわかりやすい説明を心がけ、地域の方々にとって頼れる獣医でありたいと思います。
非常勤獣医師
中島 昂輝
(なかしま こうき)
得意とする科目:眼科
北里大学を卒業
どうぶつ眼科 EyeVet 研修獣医師

子供の頃、祖母の飼い犬を通じて出会った獣医という心強い存在に憧れ、獣医師になりました。
症状の見立てやデータの分析など、まだまだ修練の途上ですが、常に明確な意図を持って目の前の症例に向き合っていきたいと思っています。
相原 亮太
(あいはら りょうた)
麻布大学を卒業

飼っていた犬が寝たきりになり、介護に勤しんだ経験があります。
その経験から、動物への治療はもちろんのこと、飼い主様の負担を取り除くことのできる医療を目指しています。
一日一日学びを得て、より良い医療の提供に努めます。
生田 麟
(いくた きりん)
北里大学を卒業

幼い頃から動物が好きで獣医師を志しました。
動物には常に愛情をもって接し、 飼い主の方に分かりやすく、丁寧な診療を心がけています。
原 祐菜
(はら ゆうな)
東京農工大学を卒業

言葉を話せない動物と、飼い主様の不安な気持ちに寄り添い、
頼りにしていただけるような診療ができるように、
知識や技術の向上を心がけています。
千葉 能子
(ちば のりこ)
日本大学を卒業

人間の医療と同様に、動物の医療も日進月歩で進歩しています。
日々研鑽を積み、動物と飼い主様にとって最善の医療を提供できるように努力いたします。

 

愛玩動物看護師長

杣木 あかり

(そまき あかり)

自分の状態を言葉にできない動物の心情を少しでも汲み取りたいと思っています。 看護師は、診察補助だけでなく入院管理や検査、薬の処方など、常に多くの事に気を配らねばならないと思っています。当事者意識を持って病院全体に目配りができる体制を築いていきたいと思います。

高橋 真央

(たかはし まお)

様々な経験を経て、ようやく周りが見え充実した日々を送れるようになってきました。日々「出来ることを自分から探す」という心持ちで、飼い主さんはもちろん、一緒に働く仲間にとっても頼れる存在になれるよう頑張ります。

窪 千有希

(くぼ ちあき)

ペットショップでのアルバイト経験の中で、医療の重要性とやりがいに魅力を感じて動物看護師を志しました。細かな変化を見過ごさず、忙しさの中で分からないことをそのままにしない習慣を早く身につけ、少しでも早く役に立てる存在になりたいと思います。

川口 りえ

(かわぐち りえ)

私が飼っていたわんちゃんが病気になってしまったときに、寄り添ってくれた看護師さんに憧れて動物看護師を目指しました。動物たちや飼い主さんの心に寄り添える看護師になりたいと思っています。まだまだ未熟ですが、少しでも早く頼れる存在になれるように頑張っていきたいです。

片山 可菜

(かたやま かな)

話すことのできない動物たちの気持ちを汲み取ってあげられる動物看護師になりたいと思っています。
日々勉強の毎日ですが、命を預かっているという責任を持ち、飼い主様にも安心して頼っていただけるように努めていきます。

齊藤 希羽

(さいとう ののは)

幼い頃から身近に動物がいて、何度も動物病院にお世話になったことから、小学生の頃から動物看護師になることが夢でした。
飼い主様や動物たちの不安を取り除き、信頼される動物看護師を目指して日々努めていきます。
知識、経験はまだまだ未熟ですが、言葉を話すことのできない動物たちの声を聞き、気持ちに寄り添えるように頑張ります。

鳥居 青空

(とりい あおぞら)

飼い主様が気軽に相談でき、安心してご家族である動物たちを任せていただけるような動物看護師になりたいと思っています。
信頼される動物看護師になれるように、動物の小さな変化に気付き、日々学ぶ姿勢を忘れずに、自分のできることを精一杯頑張ります。

安田 美優

(やすだ みゆう)

高校生の時、交通事故にあった猫に遭遇した際に、当センターのスタッフが駆けつけてくれました。
怯える猫を優しく抱える姿を見て、動物看護師を志しました。
たくさん学び、動物たちや飼い主様に安心して頼っていただける動物看護師になれるように精一杯頑張ります

田中 紫

(たなか ゆかり)

私はトリマーとしてまだまだですが、飼い主さんが安心してわんちゃんを預けて頂けるような環境を作り、トリミングが苦手なわんちゃんが少しでも減るように工夫しながら日々勉強し頑張っていきたいです。
兼 愛玩動物看護師

扇割 怜菜

(おおぎわり れいな)

綺麗さや可愛さだけでなく、生活を過ごしやすくするためのサポートもでき、苦手がひとつでも減るトリミングを心がけていきたいです。わんちゃん、ねこちゃん、飼い主様に安心してもらえるトリマーを目指して頑張ります。

山口 真季

(やまぐち まき)

幼い頃に愛犬をトリミングしてもらった際、すごく可愛くなって帰ってきたことが嬉しくトリマーの道を志しました。
その時の幸せな気持ちを、これからは私が飼い主様に感じていただけるようにしたいと思っています。
飼い主様と動物たちを繋ぐお手伝いができるように、明るく元気に頑張ります。

末森 彩花

(すえもり あやか)

大倉 典子

(おおくら のりこ)

オーナー様の大切なわんちゃん、ねこちゃんをお家でもお手入れしやすいように、丁寧にトリミングしていきたいと思っておりますのでよろしくお願いいたします。

藤井 陽子

(ふじい ようこ)

ワンちゃんにとって第二の飼い主だと思っていただけるよう常に心掛けております。 飼い主さんと積極的にコミュニケーションを図り、その子に合ったトリミングが出来る様に相談しやすい雰囲気を作っていきたいと思っております。 お悩み、ご不安、ご要望等ございましたらお気軽にご相談下さい。

丸山 敬子

(まるやま けいこ)

来院され、はじめにお話いただく相手が受付になります。話しやすい雰囲気を心がけ心情に配慮した姿勢で、しっかりとお話を汲み取れればと思っています。
病院側のスタッフではありますが、常に患者さんの側に立った考え方を大切にしたいと考えています。

松園 千勢

(まつぞの ちなり)

誰からも接しやすく、臨機応変に対応できる受付を心がけています。
現在動物の専門学校で勉学に励んでおり、少しでも飼い主様や動物たちのお力になれるように頑張りたいと思っています。
少しでもお困りのことがございましたら、お気軽にお声がけください。

小口 彩

(こぐち あや)

高島

(たかしま)

安田

(やすだ)

さがみ総合どうぶつ医療センターでは、
『専門的な技術と知識を持った、地域のかかりつけ医』として、
質の高い獣医療の提供を目指しています。
様々な想いや個性を持ったスタッフを広く募集しています。
病院の理念に賛同いただける方と、ともに頑張っていきたいと思います。
獣医師
勤務内容
小動物診療
資  格
獣医師免許を持つ
動物病院勤務経験者、
または大学等 卒業予定者
動物看護士
勤務内容
小動物診療補助
資  格
動物看護士経験者、
または専門学校、
大学等 卒業予定者
トリマー
勤務内容
トリミング業務
資  格
トリミング経験者、
または専門学校卒業予定者
動物看護士 兼トリマー
勤務内容
小動物診療補助および
トリミング業務を兼任
資  格
動物看護士経験者、
または専門学校、大学等 卒業予定者
クリーンスタッフ
勤務内容
掃除・洗濯・院内外の清掃業務
資  格